PROJECT/ ,

ブリーゼタワー 地下連絡通路

Breeze Tower

かつての水の都が次第に埋め立てられ、現代都市として変貌を遂げた西梅田地区。

その地下道に、まるで掘り起こされた「水の遺跡」のように力強く水流を刻みつける野老朝雄のアートワークがブリーゼタワーへと人々を迎え入れる。限られた地下のスペースをキャンバスに、野老はたった1つのパターン(模様)に90度の回転を加え自在に綾なす事で、流れゆく水の多様な連なりを見事に描き出した。

野老作品特有の連続、反復と無限の広がりは、建築空間の中で極一般的な建材にバーナー仕上げで展開されたシンプルな手法で、インテリアとアートの境界を融合させ、水流の様なのびやか且つ、感覚が麻痺する異次元の様な特別な空間をアーティスティックに生み出している。視覚に作用し日常の感覚を少しずらす、アートが与えるそんな「無意識の意識」に誘われ、導かれ、人々がふと足を止める。

DATA
施設名称
ブリーゼタワー
建築主
株式会社サンケイビル
所在地
大阪府大阪市北区梅田
主要用途
事務所、劇場、店舗
完了年度
2008年7月(2008年10月オープン)
建築設計
Ingenhoven und Partner Architeckten、株式会社三菱地所設計
アートディレクション
株式会社タウンアート
アーティスト
野老朝雄 TOKOLO.COM
施工
鹿島建設株式会社
その他
タイトル:Piecing Pieces Passage

TAGこのプロジェクトの関連ワード