PROJECT/

山口大学医学部附属病院 新病棟

Yamaguchi University Hospital

病院×詩

「ぞうさん」など人々の記憶に刻まれる名詩を数多く残した山口県出身の詩人・まどみちお氏の詩の世界観に心惹かれ、共感し、今までになかった「病院×詩」を切り口にホスピタルアートを計画したのはクリエイティブユニットKIGI のアートディレクターとして活躍する渡邉良重氏。山口大学出身でもある渡邊氏によって、各階EVホール、エントランス、スタッフラウンジなど来院者の滞留時間が多い場所をメインに作品は展開された。エントランスの作品に選んだ詩は、まどみちお氏の詩「空気」。その詩をもとに制作された原画は本場イタリアで活躍するモザイクタイルアーティスト永井友紀子氏によって幅4.35m×高さ2.4mの大画面に堂々と描き出され、来院者を出迎える。

アルファベット・サインアートで遊びのある小児病棟

8F小児病棟の廊下には思わず笑みがこぼれるような、アルファベットを用いたグラフィカルなサインアートを展開。子どもたちの病室の表札や案内のサインとして機能する一方で、環境カラーと合わせたそれらがアクセントとして空間演出を担う。プレイルームには入隅と反射を利用した不思議で面白いミラーアートや、大人も楽しめるアートウォールなど仕掛けが施され、アートが遊びと楽しみ、親しみを創出している。その他、6F婦人科病棟廊下や1Fオーディトリアムロビーでは花や動物をモチーフにした温かみのあるキャンバス素材の作品を配し、空間に彩りと柔らかさを加えた。

いずれの作品も、コマーシャルベースでも活躍するアーティストらしく洗練されたデザインとなっており、和らぎや癒しだけではなく、先進的な大学病院のイメージを象徴するような効果ももたらしている。

DATA
施設名称
山口大学医学部附属病院 新病棟
建築主
国立大学法人山口大学
所在地
山口県宇部市南小串1丁目1−1
主要用途
病院
完了年度
2019年3月
アートディレクション
渡邉良重
アーティスト
渡邉良重
その他
アートプロデュース: 株式会社タウンアート

TAGこのプロジェクトの関連ワード