PROJECT/

千葉県済生会 習志野病院

Chibaken Saiseikai Narashino Hospital

アートワークは、病院開設後に院長とともに病院をまわりながら、特に必要と感じられた1階小児科エリア、および長いリハビリの廊下、ニッチの三箇所に設置することになった。

テーマは、人間や自然の命を包み込み、育むエネルギーである“光” 。小児エリアおよび、リハビリ廊下壁面には、谷山恭子、ニッチに望月通陽の2作家による提案、設置をした。
小児エリアやリハビリ廊下は、壁面色や照明のあたり具合に配慮しながら、同系色の明るい色を多用し、木とペイント、カーペットなど質感の違いを生かした素材を組み合わせることで、立体感のある生きた空間へと変わった。
ニッチには、墨をつかった染色によるアートワークが、空間にメリハリを与え、場を特徴づけることができた。

DATA
施設名称
千葉県済生会 習志野病院
建築主
社会福祉法人恩賜財団済生会支部 千葉県済生会
所在地
千葉県習志野市泉町
主要用途
病院
完了年度
2006年7月
建築設計
株式会社久米設計
アートディレクション
株式会社タウンアート
アーティスト
谷山恭子、望月通陽
その他
病床数:400床