PROJECT/

高知医療センター

Kochi Health Sciences Center

 高知医療センターでは、「患者さんが主人公の病院」というテーマに基づき、患者さんの立場に立ち、患者さんを勇気付け励ますことの出来るできるアートワークを目指した。地域に根ざした病院として、アートワークにも高知らしさを追求し、高知出身や在住、地域の特徴を生かした表現のできるアーティストを選定。一過性の作品ではなく存在しつづけることによりその場に根付き、普遍性を持った作品になるよう配慮し、さらに建築とアートが響き合うよう計画し、相乗効果による豊かな医療環境の創出を行った。外来コリドールのアート作品として、地元高知大学の先生、牧野植物園の先生、村長が参加し、植物観察会と同時に採取された地元の植物をかたどった焼き物が土佐漆喰の壁に展開された。地元の素材を生かしながら、長い壁面に変化をもたらし、患者の目を楽しませながら外来ラウンジへと誘導するしくみとなっている。

小児病棟は、地元絵本作家によるオリジナルの物語に基づいたアートの展開を行った。作家から子どもたちへのメッセージがこめられた心温まる物語とそれを表現した小児病棟の空間は、この新しい病棟に移った自閉症のお子さんが、その後劇的に回復して退院できたという驚き混じりのエピソードを生んでいる。アートワーク設置後には、アートツアーを開催し病院の利用者の方々にアートを紹介し、身近に感じてもらう取り組みも行っており、アートワークに励まされた入院患者さんの中には、作品を作ったアーティストに感謝の気持ちを伝えるために個展に足を運び、その後もアーティストとお付き合いを続けている方もいるという。アートを通し、高知を知る。作家とつながりをもつ。公共空間でもある病院のアートが、人をはげますと同時に「人と人」「人と空間」「人と地元」をつなげる広がりを与えている。

DATA
施設名称
高知医療センター
建築主
高知市病院企業団、高知ピーエフアイ 株式会社、高知県
所在地
高知県高知市
主要用途
病院
完了年度
2005年2月
建築設計
株式会社佐藤総合計画、西川建設株式会社
アートディレクション
株式会社タウンアート
アーティスト
石井春、井上香二、宇田見飛天、小笠原まき、笠原由起子、 Sayed Alavi、祐成勝枝、祐成政徳、 Hossein Golba、 Moment、森本太郎、山崎道 他
施工
高知医療センター建築工事共同企業体
その他
病床数:632床