PROJECT/

九州大学 伊都キャンパス

Kyushu University, Ito Campus

マスタープランの整備が一貫したアート計画の実現に

広大なキャンパスの建設計画に伴い、九州大学ではパブリックスペースにおけるデザインのマスタープランを策定した。
アートもパブリックスペースを構成する大切な要素として取り上げられ、キャンパスにおけるパブリックアートについて調査・傾向の分析を行い、本キャンパスにおけるアート計画の導入のマニュアルを策定した。これらをもとに、第一弾のアートワークとして、ランドスケープアート(アーティスト:たほりつこ)の他、講義棟のエントランス部分など屋内外にアートワークが設置された。その後、他の講義棟にもマニュアルに基づき順次アートワークが導入されている。

長期におよぶ建設計画において、アートワークのマスタープランおよびマニュアルを作成しておくことにより、統一した見解を持ちながら場と時代に即したアートワークの実現が可能となる。

DATA
施設名称
九州大学 伊都キャンパス
建築主
国立大学法人 九州大学
所在地
福岡県福岡市
主要用途
大学
完了年度
2006年3月
アートディレクション
株式会社タウンアート
アーティスト
たほりつこ