PROJECT/

太田記念病院

Ota Memorial Hospital

アート×建築・インテリア / 総合的な環境演出

太田記念病院では、新病院棟・看護学校棟の屋内外の様々な空間に全8名の作家によるホスピタルアートを導入した。
建築・インテリアのコンセプトである「森の散歩道」と連動させたアートワークの数々は、建築空間と調和しながら空間に彩りとアクセントを与え、出会いとふれあいのある豊かな環境を演出している。
エントランス前の石彫作品、芝生広場のブロンズ作品、エントランスホール壁面のアクリルレリーフ、総合受付の染織レリーフ、小児・婦人の待合環境へのアートなど、さまざまな場所にアートが点在し訪れる人々をやさしくあたたかく迎え入れている。
併設する附属の看護学校では、学生ホールにステンレスレリーフを配置して学生生活を彩る。その他、デイルームや談話コーナー、各病室壁面へのアートクロスなど、入院生活の背景を多様な手法、素材、形のアートで演出し、細やかな配慮を感じさせている。

DATA
施設名称
太田記念病院 / 太田高等看護学院
建築主
富士重工業健康保険組合 太田記念病院
所在地
群馬県太田市大島町455番地1
主要用途
病院、看護学校
完了年度
2012年05月(2012年06月オープン)
建築設計
株式会社日建設計
アートディレクション
株式会社タウンアート
アーティスト
青木美歌、小木曽瑞枝、佐伯和子、鈴野麻衣、豊嶋敦史、 船井美佐、松田重仁、若野忍、RAM Kazir(50音順)
施工
清水建設株式会社
その他
病床数:400床(※病院のみ)

TAGこのプロジェクトの関連ワード