PROJECT/ ,

白金アエルシティ

Shirokane AER City

 白金1丁目に、高層住宅やオフィス、店舗、児童遊園などエリア一体の開発「白金アエルシティ」が2005年オープン。アエルとは、ギリシャ語で、「空あるいは風、さらには空気や息吹」という意味でこの場所を通じて人との出会い、文化との出会いなどいろいろな空気にで“あえる”場であることを願ってつけられたとのこと。

アートワークもこのコンセプトにならい、プラザ棟前に「生命の風」と名づけた石の彫刻を設置。作家は、新しい生命(街)が生まれる象徴として、植物の芽生えとともに、生命の根源であるDNAを暗喩する螺旋状のはしごが天に伸びていくシーンを視覚化した。この場所が未来に向けてさらに息づくよう場の生命力を表現した。作品は、この場所のランドマークとなっているとともに、周りの景観と調和した石のもつ落ち着いた雰囲気をかもしだしている。

DATA
施設名称
白金一丁目東地区第一種市街地再開発事業
建築主
白金一丁目東地区第一種市街地再開発組合
所在地
東京都港区白金
完了年度
2005年10月
建築設計
株式会社梓設計
アートディレクション
株式会社タウンアート
アーティスト
松田重仁
施工
鹿島建設株式会社