PROJECT/

帝京大学医学部附属病院 新館

Teikyo University Hospital

 地域に開かれた特定機能病院として、高度な医療を支える、都内最大級の病院である帝京大学医学部附属病院は、来院する患者だけでなく医療従事者がより高い能力を発揮する事を視野に入れ、深い対話と質の高い豊かな環境の創出を目指してアートワークを施設全体、随所に配置した。院内の主要スペースとして、エントランスホールにはシンボルとして生命の誕生や治癒への希望、自然の普遍的な営みを題材にしたフレスコ画を掲げて人々を暖かく包み込むように迎え入れている。
また外来ホールでは光の輝きを映すような色とりどりのレリーフで来院者の目を楽しませながら外来待合へと導く。
特に小児のスペースは、子供たちの不安や緊張を少しでも和らげ豊かで楽しい環境を演出するため、“アニマルアパートメント”をコンセプトとして外来待合と病棟フロア全体に壁画を施し、床・壁・天井を使って動物たちのすむ街を創り出した。入院病棟では、中庭を囲むようにガラス窓にアニマルトレインが走り、ニッチを棲家と見立て、表情豊かな動物たちの生活をのぞくことができる仕掛けとして、木彫作品を配置した。
東京を一望できる最上階のVIPフロアには、全個室とラウンジに絵画を配置してハイクラスの空間を演出。他階の一般個室にもフロアカラーを意識した版画や絵画などの額装品を配して居室としての快適性を高めた。
その他全病棟階の食堂にアートを設置。入退院センターや美容外科の待合スペース、霊安控室にもアートを配し、病院としての細やかな配慮や安心を与える姿勢を表現している。特徴的な試みとして、外来廊下の一角を市民の作品展示が可能な展示スペースとして整備し、作品を通して病院が社会とつながりを持つ仕掛けを創り出した。

DATA
施設名称
帝京大学医学部附属病院 新館
建築主
学校法人 帝京大学
所在地
東京都板橋区加賀
主要用途
病院
完了年度
2009年3月(2009年5月 オープン)
アートディレクション
株式会社タウンアート
アーティスト
岩本拓郎、草間喆男、さとう陽子、ツツミアスカ、永井研治、ヒラタシノ、平体文枝、星野留美、宮内淳吉、若野忍(KIYATA)、森本太郎、頼富敦子、Rene Rietemeyer