PROJECT/

東京大学医学部・医学部附属病院 創立150周年記念事業 モニュメント

University of Tokyo, Faculty of Medicine, 150th Anniversary Monument

 明日の医学と医療を拓く

このモニュメントは東京大学・医学部附属病院の創立150周年の記念事業の「学生提案モニュメント公募企画」最優秀作品として、医学部学生の平野智子さんのデザイン案が選出された。制作にあたっては、タウンアートがデザインの構成要素と造形意図を尊重しつつ、モニュメントとしての造形性と完成度を更に高め、デザイン管理と制作を担当した。

手を取り合って、一つの球を支える二人は、全体としてMedicineの「M」を象っている。向かい合う二人は、「医師と患者」「臨床と研究」「教育と研究」など、医療に関わる全ての協調関係を表現し、まなざしの先に映る「命」は医学の腕に抱かれ医療の懐に癒され、明日の医学と医療を拓く。

DATA
施設名称
東京大学医学部・医学部附属病院 創立150周年記念事業 モニュメント
建築主
東京大学医学部・医学部附属病院
所在地
東京都文京区本郷
完了年度
2009年7月
アートディレクション
株式会社タウンアート
その他
タイトル:明日の医学と医療を拓く

TAGこのプロジェクトの関連ワード