PROJECT/ ,

宇土駅 西口広場 時計塔

Uto station, West Station Square, Clock Tower

市の特色を盛り込んだデザインで街の象徴に

市のもつ魅力、特色を歴史・人・環境・文化から多角的に見つめ、シンプルで美しいひとつのクロック・タワーで表出することにより、市民の暮らしとともにある駅前のモニュメント時計として、市民の誇りとなり、市の新しい顔となって内外にその特色をアピールすることを目指した。

市章をデザインモチーフにとりこむ

「大和一致」を表す円形と、「飛翔発展」を表す三角形が組み合わされた市章をいかし、円形を時計のかたちに、三角形をモニュメント本体のデザインに取り込み、端的に宇土市のシンボルであることを強調する。

水とともにある人々の暮らしと歴史を模様で表現

江戸時代から今もなお人々の生活を潤し続けている轟水源・轟泉水道、雨乞いの大太鼓など、宇土の人々は古くから、水との関わりの中で生活を営み、まちを創り、文化を醸成してきた歴史をもつ。その歴史性を円形の水模様で表現する。

日々の天候や時の移ろいを映し出すタワー

“日本の渚百景”にも選定されている御輿来海岸。潮の満ち引きや天候によって刻々とその姿は変化し、人々を魅了し続けている。この干潟のように、人々が毎日の暮らしのなかで、時間帯や天気によって異なる表情を見てとり、まわりの空気や時の移ろいを感じとることのできるタワーを演出する。

DATA
所在地
熊本県宇土市
主要用途
完了年度
2010年5月
アートディレクション
株式会社タウンアート
アーティスト
roundtable