PROJECT/

新荘新都心・行政院新荘合同庁舎ビル 新北市(台湾)

Xinzhuang Joint Office Tower, Executive Yuan

“混在と融和” (セラミック)

2014年、台湾政府は市内に点在していた省庁機能を集め、再開発に沸く新荘エリアに新合同庁舎(行政院新莊聯合辦公大樓)を建設、アート計画は総工費の中から条例により相応の予算が確保され、主要な位置全9か所への配置が計画された。その内、南北に分かれる2つのオフィス棟メインエントランスのアートワークとして、タウンアートの提案による五十嵐威暢、佐伯和子の作品が採用されることとなった。

【南棟】混在と融和 Diversity & Harmony

原住民の人々、中国本土から渡ってきた人々、海外からの移住者…多種多様な民族のるつぼとして国際化し発展した今日の台湾を象徴し、混在するひとりひとりへの尊重、歴史と文化の融和、時に団結が生み出す広がり―、そんな理想の未来を、すべて異なるかたちと色彩、テクスチャーを持つ108の陶の彫刻により表現した作品である。
また『土は、そこに生きる人々を支え、食物を育む畑となり、国を存在させる大地である』という考えから、実際に使用する素材の一部に台湾の土を取り入れて作品を完成させた。

【北棟】麗しの地に成熟した社会が広がる -糸と針のオマージュ-

1本1本糸を染め、撚り、丹念に巻き付ける。幾重にも重ねられる色彩と、その丁寧な手技によって、対極的な赤と青の織りなす麗しの世界を描き出した作品である。
また作品制作のプロセスとして、市民参加プログラム参加者の手で制作された刺繍が実際に作品の一部に取り入れられることで、色彩のもつ躍動感だけでなく、共生や共働といった多様な人の営みがあってこそ、成熟した社会がつくられるということを伝えている。
この作品には、継続的な蓄積と多くの人々による長期的な努力こそが「信」を形成するという考えが込められると共に、台湾の原住民族文化へ敬意をも、針と糸のオマージュとして表現している。

台湾の大地に生きる人々とその国家の未来を象徴する南棟作品と、誠意を込めた丹念な仕事という国家公務員の目指すべき継続努力の姿勢を込めた北棟作品。この2つのアートワークに強いメッセージを込め、新合同庁舎を訪れる人々を堂々と迎え入れている。

2014年,台灣政府在開發案熱絡的新莊地區興建了「行政院新莊聯合辦公大樓」,將散落在台北市內的部會機關集中於此,同時依照公共藝術設置辦法編列經費,在腹地內規劃了9個藝術品設置點。其中,位於南、北辦公棟入口大廳挑高牆面的空間,採用了TOWNART所提案的五十嵐威暢及佐伯和子的作品。

【南棟】多樣與融和 Diversity & Harmony

最初的原住民、後來移居與此的漢民族、來自世界各國的海外移民…這件作品希望能象徵朝向國際化發展、宛若民族大熔爐般的台灣。藉由108個型態、色彩迥異,質感不同的陶雕作品,表現人們相互尊重彼此多元的歷史與文化背景,融和、團結一致的理想未來。  作品的材質是陶土,土是支撐人類的大地、種植農作物的田地、也是國家具體呈現的園地,因此特別在作品中加入台灣的土,以呼應這樣的概念。

【北棟】錦繡大地上交織出的成熟社會 -線與針的致敬-

染色、撚線、一條一條專注而細心的捲製,藉由層層堆疊的色彩及細膩的手工,以醒目的紅與藍交織出如錦繡大地般的美麗作品。
其中,民眾也參與了創作的過程,大家所做的成品實際縫製於作品中,不只增加了色彩的躍動感,更傳達、體現了成熟的社會是由每個人各司其職、共生共榮才得以實現的精神。
這件作品除了蘊含「信」需要有持續的累積以及許多人長期的努力才得以成形的寓意,也以線與針的致敬表達對台灣原住民文化的敬意。

南棟作品象徵台灣土地上的人們和國家璀璨的未來,北棟作品呼應著國家公務員所追求的勤勉不懈的姿態,這兩件蘊含著強烈訊息的藝術作品,在聯合辦公大樓中堂堂凜然地迎接每一位來訪的人們。

DATA
施設名称
新荘新都心・行政院新荘合同庁舎ビル
Xinzhuang Joint Office Tower, Executive Yuan
建築主
內政部營建署
所在地
台湾 新北市新荘区 / New Taipei City, Taiwan
主要用途
庁舎 / Government office building
完了年度
2014年4月 / Apr. 2014
建築設計
吳明修建築師事務所
アートディレクション
株式会社タウンアート / Town Art Co., Ltd.
アーティスト
五十嵐威暢 Takenobu Igarashi、佐伯和子 Kazuko Saeki
施工
互助營造、福林營造